早く見つければ完治の可能性が大!

大腸がんのメインとなる治療法は外科手術で、発見が早ければ腫瘍切除だけで済みます。しかし、ある程度症状が進行していたらがん細胞が体内に残っている可能性もあります。その場合に利用する抗がん剤治療の効果や副作用軽減対策について把握すべきです。

がん治療を受ける前にチェックすべきこと

診断

大腸がんを知る

第2の脳と呼ばれる腸に生じるがんは、便の出具合やお腹の調子を観察すれば症状にかかっているかどうかを把握しやすいです。大腸がんにかかった場合に現れる症状とはいったいどのようなものでしょうか。

READ MORE
病院

投与量を減らすメリット

抗がん剤治療は、副作用の症状がつきものですが、どうしても気になってしまうものです。副作用の症状を軽減するなら、投与する量を通常よりも減らす方法に頼ってみるのも一つの選択肢です。

READ MORE
女医

副作用の軽減方法

実は、抗がん剤の扱いは、医師と言う肩書を持っていれば利用できるのです。抗がん剤治療を選ぶなら、利用するクリニック探しが重要です。一体どんなチェックポイントがあるのでしょうか。

READ MORE
白衣の人

食材の恵みで負担軽減

最新の療法以外にも、特定の食材を使った抗がん剤による副作用を軽減する方法があります。抗がん剤治療のお供として用意すべき食材とはどんなものなのかをチェックしておくと後々便利です。

READ MORE

早期発見で回復目途が立つ

病院

手術によって完全に取り除くのが完治への鍵!

大腸がんは、腫瘍が出来ている箇所を外科手術で完全に取りきれば完治の可能性が高まります。しかし、それは早期発見の場合に限ります。ある程度、症状が進行していたら、体内に微細ながん細胞が残ってしまっているので、再発の恐れが浮上します。

体内に残ったがん細胞を抗がん剤で攻撃

外科手術で除去しきれなかったがん細胞への有効策として抗がん剤を投与します。がん細胞の合成を阻害し徐々に弱らせる効果を発揮してくれます。しかも、他の臓器へ転移したがん細胞にも有効です。

副作用軽減対策も検討!

がん細胞を効果的に攻撃してくれる抗がん剤は、劇薬だということを念頭においてください。投薬前に副作用を軽減するための対策を把握しておけば、投薬治療中でも生活の質を落とさずに済むので、肉体的にも精神的にも負担を軽減できます。

広告募集中