食材の恵みで負担軽減|がん治療ナビ【抗がん剤と相性の良い療法まとめ】

栄養の力で生活の質維持!

抗がん剤の副作用を軽減する方法は、漢方や新療法以外にもあります。食材に含まれる栄養素を利用すれば、副作用を抑えるだけでなく免疫力やNK細胞の回復、抗がん剤の治療効果を引き出してくれます。化学療法を受ける際、どんな食材の栄養素が相性抜群なのでしょうか。

食材の恵みで負担軽減

白衣の人

海の恵みで副作用軽減!

強いねばねば成分を持つガゴメ昆布には、機能が低下した臓器や細胞組織を修復する効果を有するフコイダンが大量に含まれています。がん予防に効果的なのは勿論、抗がん剤による副作用の症状を軽減させる力も秘めています。

白血球とヘモグロビンを回復!

抗がん剤治療により、骨髄にダメージを受けてしまい、血中の白血球とヘモグロビンが減少しやすいですが、ガゴメ昆布を利用すれば白血球とヘモグロビンの数を投与前とほぼ同じ状態にしてくれます。治療中でも感染症にかかるリスクを最小限に抑えてくれます。

脱毛の症状を軽減してくれる

抗がん剤療法によってもたらされる副作用の中で、脱毛が気になってしまうもの。ガゴメ昆布のフコイダンの力にかかれば、脱毛の症状を軽減してくれます。フコイダンが持つ細胞修復効果のおかげで、毛根細胞の活動も弱まりにくくなるのです。

NK細胞活性も促す

ガゴメ昆布に含まれるフコイダンには、NK細胞を回復させる力も有しています。効果的に腫瘍へ攻撃を加えられるのでがん細胞増殖抑制も期待できます。治療が難しいがん治療において、フコイダンは患者の体を回復させるのに一役買ってくれる優れた成分となるでしょう。

食材の力で治療中の生活の質向上!

プロポリス

一説では、プロポリスに含まれる成分ががん細胞増殖を抑制してくれるとされています。また、抗がん剤や放射線治療による副作用の症状を軽減する力も発揮すると言われています。まだ、研究段階のものなので、利用してみたい場合は担当の医師と相談してからにしましょう。

スクワレン

サメの肝臓に含まれるスクワレンには、体の免疫力を高める効果があるので、抗がん剤や放射線治療による副作用対策にうってつけです。また、3大がん治療法と併用でき、延命率も高まりやすいことが判明しています。

メシマコブ

メシマコブには、抗がん剤副作用抑制やがん細胞の働きを抑制する成分PL2が豊富に含まれています。主に、胃がん・すい臓がん・肺がんの治療に効果があると判明しています。まだ、研究の歴史が浅いため、先ほど挙げたがん症状以外に効果があるかは明らかではありませんが、現在も臨床研究が続いているので、いずれは他のがんへの効果についても明らかとなるでしょう。

アガリスク

体の免疫力を高めてくれるアガリスクには、抗がん剤の副作用を抑制するだけでなく、抗がん剤の治療効果もアップさせる力を秘めています。また、NK細胞も活性化させることも確認されているので、効果的にがん細胞へ攻撃を加えやすくなります。

広告募集中