大腸がんを知る|がん治療ナビ【抗がん剤と相性の良い療法まとめ】

大腸がんを知る

診断

働き盛りに多く罹患する

大腸の粘膜部分に生じる大腸がんは、S字結腸・直腸部分に多く発症する腫瘍です。主に、50代から60代あたりの人が多く発症する腫瘍ですが、発見が早ければ完治が望めるので、定期的な検査を受けるのをおすすめします。

大腸がんの特徴的な症状

大腸がんを発症したら、排便に異常をきたすケースが多いです。腫瘍が小さい初期段階は、出血・下痢・便が細くなる・便に黒ずみあるいは血液が混じる症状が目立ちます。症状がある程度進行すると、腫瘍の肥大化が原因で便やガスが排出できなくなり、激しい腹痛や吐き気の症状が顕著になります。

大腸がんの検査方法

大腸がん検査は、触診と内視鏡検査があります。触診は、専門医の力量で腫瘍有無と症状度合いを把握できます。より正確な結果を把握したいなら内視鏡検査がおすすめで、腫瘍の有無チェックだけでなく、腫瘍を発見したら一部切除して良性か悪性かを確認するために病理検査をしてくれます。

大腸がん発症原因は食生活にあり!

食事の欧米化

普段の食事で、脂分が多い食材が多いと、大腸がんの発症リスクが高まります。脂質は体内に入ると、消化酵素である胆汁が大量分泌されます。胆汁には胆汁酸と呼ばれる発がん性の高い成分を多く含んでいます。消化物と一緒に胆汁酸が腸内で溜まってしまうことで、がん発生率を高めてしまうのです。

特定の食品を多く食べている?

普段の生活で、油を大量に使ったスナック、過酸化脂質を多く含む干物を食べる機会が多い場合も注意が必要です。体内で胆汁酸を多く分泌してしまい、大腸がん発症リスクを高めてしまうので、食生活の改善を心がけましょう。

積極的に取り入れたい食材

普段の食生活で、油を極力取ってはいけないわけではありませんが、摂取するなら食物繊維を多く含む野菜や海藻類と一緒に摂取した方が良いです。また、腸内環境を良くする乳酸菌を多く含むヨーグルトなどの発酵食品も積極的に取り入れた方が良いです。

広告募集中