投与量を減らすメリット|がん治療ナビ【抗がん剤と相性の良い療法まとめ】

投与量を減らすメリット

病院

腫瘍を大きくさせないことを重視

一般的な抗がん剤治療では、「腫瘍を小さくする」ことを念頭におきますが、腫瘍に効果が現れないと、いたずらに患者の体に負担をかける結果に終わってしまいます。副作用の症状軽減と、負担なく長期的に治療を続けたいなら、減量抗がん剤療法に頼るのも一つの手です。減量療法は、従来の方法とは違い「腫瘍を大きくしない」ことを念頭に置くので、症状悪化がしにくいです。

長期的な投薬が可能!

減量療法は、一般的に適量とされている抗がん剤投与量よりも少なめにする方法なので、副作用の負担を軽減できるのがメリットです。体力や免疫力衰退のリスクも抑えられるので、長期的な投薬治療が実現できます。

作用と副作用の度合いを調べられる

これまでの抗がん剤治療は、腫瘍に対して効果がある薬剤を見つけるまで続けるギャンブル的な要素が混じっていました。減量療法なら、少量投与して腫瘍への作用と体に現れる副作用の程度を明確にできます。腫瘍にピッタリな抗がん剤や副作用対策で相性の良い療法を見つけやすいです。

投薬量は医師のカンやコツに委ねられる

減量療法は、闘病中でも生活の質を落としたくない場合に有効ですが、投与量は明確化していないので担当医師のさじ加減に委ねられるのが現状。副作用の軽減化できる療法なので、減量療法を利用したいなら、まず治療担当医師と十分に相談するのをおすすめします。

生活の質を向上!精神的負担を減らす対策

事前にヘアカットを済ませる!

抗がん剤は、分裂する細胞に作用を及ぼすため、脱毛症状が現れてしまいます。そのため、投薬治療前までに髪を短くしてから臨むのをおすすめします。ごっそり髪が抜け落ちるのは、精神的にも多大な負担を強いてしまいます。あらかじめ髪を短めにカットしておけば、髪が抜け落ちたというストレスを軽減できます。

帽子やウィッグもいくつか準備

髪が抜け落ちた後は、頭部を誰かに見られたくないですね。その対策で医療用のウィッグや帽子をいくつか用意しておきましょう。色んなバリエーションの帽子やウィッグを用意すれば、頭のおしゃれを楽しめるので、闘病中の良い気晴らしになりストレスも軽減しやすいです。

爪のケアも忘れずに!

抗がん剤投薬は、脱毛だけでなく爪の弱体化や変色の症状をもたらします。爪の変色を目立たなくしたいなら、ネイルを施すのがおすすめです。脆くなった爪に負担をかける印象を抱きますが、有機溶剤を含まないネイルカラーも存在するので、それらを使って手元のおしゃれを楽しむのはいかがでしょうか。

広告募集中